スポンサーリンク

【注意喚起】あつまれ どうぶつの森でamiiboカード偽造の手口

スポンサーリンク
裏情報
スポンサーリンク

Nintendo Switchの大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森(通称:あつ森)」。あつ森では3DS時代に発売されたamiiboカードを持っていると、そのキャラクターを呼び出して自分の島に移住させることができます。

しかしこのamiiboカード、発売から5年近くが経過していることや、もともとの生産数が少なかったこともあり、現在レアアイテムとなっています。

さらに人気キャラクターの「ジュン」や「フランソワ」などといったカードはプレミア化、転売ヤーはもとより偽造カードも出る始末です。

今回はそんなamiiboカード偽造の手口を注意喚起としてお知らせいたします。

amiiboカードの偽造は、海外モデルのスマートフォンとAmazonなどで販売されているNFCタグを使って複製品を作る方法が主流です。偽物の特徴は正規品と比べてサイズが小さいこと。

こういった偽物のamiiboカードはAndroid用の野良アプリ「TagMo」にて作成されていることが多いです。「TagMo」は増えすぎたamiiboのバックアップを目的としたアプリで、空のNFCタグがあればamiiboの複製が可能となります。

1.「TagMo」をインストール。
2.NFCをオンにしてからamiiboカードを近づけて「scan」をタップ。
3.読み込ませた画像をデータとして保存。
4.保存したデータを空のNFCタグに書き込み。
5.NFCタグをNintendo Switchに読み込ませる。

これで好きなキャラクターのamiiboカードを複製することができます。なおamiiboカードを持っていない場合は、海外サイトで配布されているデータを使うことも可能だとか……。

amiiboカードは定期的にMy Nintendo Storeでも販売されます。フリマアプリなどで偽物を掴まされなようご注意ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました